女性ホルモンと大豆の関係|積極的に栄養を摂取しましょう|アルツハイマーを予防する

積極的に栄養を摂取しましょう|アルツハイマーを予防する

女性ホルモンと大豆の関係

家族

女性ホルモンであるエストロゲンは、特に思春期や更年期の女性の体内で大きく分泌量が変化し、エストロゲンが不足した場合は心身の慢性的な不調が現れます。また、エストロゲンは男性の体内にも存在して男性ホルモンとのバランスを取りながら心身の安定に役立ってます。このように重要なホルモンであるエストロゲンを補うものとして、エクオールという成分が女性ホルモンと同じような働きをするという点で人気です。従来のサプリメントはあくまでも身体の基礎的な健康を整えてエストロゲンの分泌を促進するものでしたが、エクオールはそれ自体が体内で女性ホルモンの代わりとなります。以上のように、女性ホルモンが不足しても直接その役割を担ってくれる独自の作用でエクオールが注目されています。

女性ホルモンと同じ作用をもたらすエクオールですが、多くの人はこの物質を体内で生成できないことが最近の研究でわかっています。大豆に多く含まれているエクオールは、イソフラボンという物質が腸内で吸収される際に変換されたものですが、日本人の半数以上がこの変換機能を持っていないと言われています。そのため、ホルモンバランスを日常の食事で補うには積極的に大豆製品を摂取する必要がありますが、外食も多い昨今ではそれが難しい場合もあります。そこで役立つのが、毎日数錠で気軽にエクオールを補うことができるサプリメントで、大豆製品の摂取が難しいと感じている方は積極的に活用することが大事です。服用の際は、女性ホルモンは食事・睡眠・ストレスとも深い関わりを持つことを意識し、生活習慣を整えていくことにも注意しましょう。