積極的に栄養を摂取しましょう|アルツハイマーを予防する

女性ホルモンと大豆の関係

家族

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す成分は従来からありましたが、エストロゲンと同じ働きをするという独自の機能からエクオールが注目されています。体内で生成できない人が多いエクオールは、大豆製品とともにサプリメントも利用して積極的に補給することが大切です。

More Detail

アンチエイジング

サプリメント

年齢を重ねると体に様々な変化が起こるのは当然のことですが、少しでも若々しくいたい、美しくいたいと思うのは自然なことです。新陳代謝の低下や栄養分の吸収率の悪さなどを補い、美容面で大きな効果を上げるのが若返りサプリです。

More Detail

アンチエイジングの決め手

ゴマ

抗酸化力にすぐれたセサミンは、日々の食事などで一日の必要量を摂取するのは困難です。サプリメントで効率よく摂取、加齢に負けない身体づくりをした上で、美肌やアイケアなど、さらに目指したい対策に力を入れるほうが良い結果に結びつきます。

More Detail

認知症に効果的なものとは

女性

予防に効果的な栄養素とは

認知症には様々な原因がありますが、その中でも女性や若い人に特に多いのがアルツハイマー型認知症です。この病は脳内に特殊なたんぱく質がたまり、脳が委縮してしまう病なのですが、その発症原因は未だ解明しておらず、完治する方法も確立していません。そのため、アルツハイマーにならないようにすることが重要なのですが、その際積極的に摂るべき栄養素が、抗酸化作用のある栄養素です。抗酸化作用のある栄養素としてはビタミンC・ビタミンE・βカロテン・リコピン・ポリフェノールが挙げられます。これらの栄養素は活性酸素の働きを抑え、脳にかかるダメージを少なくする効果があります。そのため、これらの栄養素を積極的に摂ることで認知症予防を行うことができます。

特に良いポリフェノール

抗酸化作用のある栄養素はいくつかありますが、その中でも特に高い効果が期待できるのが、ポリフェノールです。これは植物に含まれる栄養素で、緑茶に含まれる「カテキン」、大豆に含まれる「イソフラボン」、ウコンに含まれる「クルクミン」、赤ワインに含まれる「アントシアニン」などが挙げられます。ポリフェノールには強い抗酸化作用があるとともに、アルツハイマーの原因となるたんぱく質の発生を抑える効果があります。そのため毎日緑茶やコーヒーなどを何杯か飲む人の場合、アルツハイマーの発症率が低いという結果も出ています。そして、ポリフェノールの中でもアルツハイマーに対して特に強い力があるのが、アントシアニンです。これはアルツハイマーの原因となるたんぱく質の働きを特に抑えるとともに、分解する効果があります。そのため、毎日定期的に摂取することで、発症率は約4分の1にも抑えることも可能です。